previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

塚本 幸男
Yukio Tsukamoto

 

■俳優

 

生年月日:1961年5月14日
出身地:兵庫県

血液型:A型
サイズ:身長171cm、体重65kg、靴25cm
B93cm、W80cm、H91cm
頭60.5cm、首回り40cm、裄78cm 
股下76cm、肩幅43cm

経歴:NINAGAWAスタジオ
資格:普通自動車運転免許、中型自動二輪免許

 

プロフィールPDF

※こちらをクリックするとダウンロードできます

 

AGENT:西田圭吾
〒141-0031 東京都品川区西五反田2-18-3グレイス五反田604
TEL:03-6417-9477 FAX:03-5434-6112

 

映画
2017年 『ユリゴコロ』(監督:熊澤尚人)
2017年 『関ヶ原』(監督:原田眞人)
2016年 『ドクムシ』(監督:朝倉加葉子)
2014年 『猫侍』(山口義高)
2013年 『人類資金』(監督:阪本順治)
2010年 『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』(監督:東陽一)
2010年 『アウトレイジ』(監督:北野武)
2010年 『BOX~袴田事件~』(監督:高橋伴明)
2010年 『ばかもの』(監督:金子修介)
2012年 WOWOW 連続ドラマW 「ヒトリシズカ」(原作:誉田哲也 脚本:青島武 監督:平山秀幸)
2012年『コレカラ』(監督:瀬田なつき) au「ビデオパス」「スマートパス」にて、9月3日~配信

 

TV
2019年 ANB「時効警察はじめました」第4話
2017年 NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』
2016年 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』
2016年 CSヒストリーチャンネル『未来が生まれた時』世界に誇る大衆文化の仕掛人『ゲーム編』
2015年 NHKBSプレミアム 戦後70年 大型ドキュメンタリードラマ『玉音放送を作った男たち』(監督:佐藤善木)

 

舞台

「こつこつプロジェクト ―ディベロップメント― リーディング公演」
『スペインの戯曲』
作:ヤスミナ・レザ 翻訳:穴澤万里子
演出:大澤 遊
出演:春風ひとみ 塚本幸男 斉藤直樹 宮 菜穂子 中村美貴
2019年3月13日(水)〜17日(日)新国立劇場小劇場

 

『海辺のカフカ』
原作:村上春樹 脚本:フランクギャラティ 演出:蜷川幸雄
出演:寺嶋しのぶ 岡本健一 他
2019年5月21日(火)〜6月9日(日)赤坂ACTシアター

 

CM
2018年 「アサヒスーパードライ2018」
2017年 『イトーヨーカドー 2017年夏ギフト』『イトーヨーカドー 2017年夏ギフト』
2016年『KIRIN一番搾り』

2011年 「三井住友銀行」
2010年 「マイナビ2010」(監督:行定勳)
2009年 「WAM」(監督:浜崎慎治)

 

1988年NINAGAWAスタジオに入団し、演出家・蜷川幸雄のもと、30作品以上の舞台に出演する。
舞台作品では、1つの作品で数役を演じる事も多く、多岐に演じ分けるその演技力の評価は高い。
映像作品は、映画「奇談」(監督:小松隆志)「青の炎」(監督:蜷川幸雄)、TV「三番テーブルの客」(監督:蜷川幸雄)などに出演。
現在は、培った経験を生かし、映像作品での活動の場を広く求め、積極的に取り組んでいる。

 

2019年
『海辺のカフカ』
原作:村上春樹 脚本:フランクギャラティ 演出:蜷川幸雄

「こつこつプロジェクト ―ディベロップメント― リーディング公演」
『スペインの戯曲』
作:ヤスミナ・レザ 翻訳:穴澤万里子 演出:大澤 遊

2018年
『オセロー』
作:W.シェイクスピア 訳:河合祥一郎 演出:井上尊晶 音楽:松任谷正隆

蜷川幸雄三回忌追悼公演『ムサシ』
作:井上ひさし 演出:蜷川幸雄

『NINAGAWA・マクベス』 NY公演

 

2017年
GEKISHA NINAGAWA STUDIO公演『2017・待つ』
『NINAGAWA・マクベス』2017
『アテネのタイモン』
作:W.シェイクスピア 翻訳:松岡和子 演出:吉田鋼太郎

 

2016年
『元禄港歌-千年の恋の森-』(作:秋元松代 演出:蜷川幸雄 )
Bunkamuraシアターコクーン、大阪シアターBRAVA!

シス・カンパニー公演『アルカディア』
作=トム・ストッパード 翻訳=小田島恒志 演出=栗山民也
Bunkamuraシアターコクーン、森ノ宮ピロティホール

シアターコクーン・オンレパートリー2016
芸術監督 蜷川幸雄・追悼公演  『ビニールの城』
作:唐 十郎  演出:金 守珍 監修:蜷川幸雄

「TOU」-JYUKAI-DEN-「彼らはそこに、塔(キボウ)を造った」

 

2015年
シス・カンパニー公演『三人姉妹』
作:アントン・チェーホフ 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
Bunkamuraシアターコクーン、大阪シアターBRAVA!

「海辺のカフカ」
(原作:村上春樹 脚本:フランク・ギャラティ 演出:蜷川幸雄)
さいたま芸術劇場、ロンドン、NY、シンガポール、ソウル

『青い種子は太陽のなかにある』
作:寺山修司 演出:蜷川幸雄 音楽:松任谷正隆
オーチャードホール

 

2014年
「冬眠する熊に添い寝してごらん」
(作:古川日出男 演出:蜷川幸雄)
シアターコクーン

「ムサシ」NY、ロンドンバージョン
(作:井上ひさし・演出:蜷川幸雄)
シアターコクーン・韓国・広島・長崎・金沢公演

「海辺のカフカ」
(原作:村上春樹 脚本:フランク・ギャラティ 演出:蜷川幸雄)
さいたま芸術劇場、シアターACT、ほか

シス・カンパニー公演『鼬』 (作:真船豊 演出:長塚圭史)
世田谷パブリックシアター  

 

2013年
「祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹」
(作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 演出:蜷川幸雄)
シアターコクーン

「ヘンリー四世」
(作:W・シェイクスピア 翻訳:松岡和子
 構成:河合祥一郎 演出:蜷川幸雄)  彩の国さいたま芸術劇場

「ムサシ」NY、ロンドンバージョン
(作:井上ひさし・演出:蜷川幸雄)
彩の国さいたま芸術劇場・シンガポール公演

 

2012年
「下谷万年町物語」
(作:唐十郎 演出:蜷川幸雄)
シアターコクーン

「シンベリン」
(作:W・シェイクスピア 翻訳:松岡和子 演出:蜷川幸雄)
彩の国さいたま芸術劇場  ロンドン・バービカンセンター

騒音歌舞伎(ロックミュージカル)『僕の四谷怪談』
(脚本・作詞:橋本治 演出:蜷川幸雄 音楽:鈴木慶一)
シアターコクーン

 

2011年
「たいこどんどん」
(作:井上ひさし・演出:蜷川幸雄)
シアターコクーン

「身毒丸」
(作:寺山修司/岸田理生・演出:蜷川幸雄)
銀河劇場 大阪シアタードラマシティ

「あゝ、荒野」
(原作:寺山修司  脚本:夕暮マリー  演出:蜷川幸雄)
彩の国さいたま芸術劇場 青山劇場

 

2010年
「ムサシ」NY、ロンドンバージョン
(作:井上ひさし・演出:蜷川幸雄)
彩の国さいたま芸術劇場・ロンドンバービカンセンター

 

2009年
「ムサシ」
(作:井上ひさし・演出:蜷川幸雄)
彩の国さいたま芸術劇場・大阪シアター ドラマシティ

 

2008年
「瞼の母」
(劇作&脚本:長谷川伸・演出:渡辺えり)
世田谷パブリックシアター

「リア王」
(作:W.シェイクスピア・翻訳:松岡和子・演出:蜷川幸雄)
彩の国さいたま芸術劇場・大阪シアター ドラマシティ

「表裏源内蛙合戦」
(作:井上ひさし・演出:蜷川幸雄)
シアターコクーン・大阪シアターBRAVA!

 

2007年
「お気に召すまま」
(作:W.シェイクスピア・翻訳:松岡和子・演出:蜷川幸雄)
彩の国さいたま芸術劇場・大阪シアター ドラマシティ
静岡市民文化会館・仙台イズミティ21

「コリオレイナス」
(作:W.シェイクスピア・翻訳:松岡和子・演出:蜷川幸雄)
彩の国さいたま芸術劇場・ロンドンバービカンセンター

 

2006年
「白夜の女騎士」
(作:野田秀樹・演出:蜷川幸雄)シアターコクーン

「あわれ彼女は娼婦」
(原作:ジョン フォード・翻訳:小田島雄志・演出:蜷川幸雄)
シアターコクーン

「タンゴ冬の終わりに」
(作:清水邦夫・演出:蜷川幸雄)/シアターコクーン

 

2005年
「キッチン」
(作:アーノルド ウェスカー・改訳:小田島雄志・演出:蜷川幸雄)
シアターコクーン

「天保12年のシェイクスピア」
(作:井上ひさし・演出:蜷川幸雄)/シアターコクーン

「幻に心にそぞろ狂おしのわれら将門」
(作:清水邦夫・演出:蜷川幸雄)/シアターコクーン

 

2004年
「シブヤから遠く離れて」
(作:岩松了・演出:蜷川幸雄)/シアターコクーン

「お気に召すまま」
(作:W.シェイクスピア・翻訳:松岡和子・演出:蜷川幸雄)
彩の国さいたま芸術劇場

「オイディプス王」
(作:ソフォクレス・翻訳:山形治江・演出:蜷川幸雄)
シアターコクーン・福岡メルパルクホール
アテネ ヘロデス アティコス劇場

 

2003年
「桜の園」
(作:アントン チェーホフ・英訳:マイケル フレイン翻訳:小田島雄志・演出:蜷川幸雄)/シアターコクーン

「リチャード三世」
(作:W.シェイクスピア・翻訳:松岡和子・演出:蜷川幸雄)
日生劇場

 

2002年
「夏の夜の夢」
(作:W.シェイクスピア・翻訳:松岡和子・演出:蜷川幸雄)
シアターコクーン・パリ公演

 

2001年
「マクベス」
(作:W.シェイクスピア・翻訳:松岡和子・演出:蜷川幸雄)
シアターコクーン・彩の国さいたま芸術劇場

「四谷怪談」(作:鶴屋南北・演出:蜷川幸雄)
シアターコクーン

「真情あふるる軽薄さ2001」(作:清水邦夫・演出:蜷川幸雄)
シアターコクーン

 

2000年
「卒塔婆小町」(作:三島由紀夫・演出:蜷川幸雄)
シアターコクーン・彩の国さいたま芸術劇場
新潟市民芸術文化会館 大阪シアター ドラマシティ 
ロンドンバービカンセンター

 

1999年
石井愃一プロデュース「僕の錬金時間」(演出:井上尊晶)

 

1998年
「王女メディア」
(作:エウリピデス・修辞:高橋睦郎・演出:蜷川幸雄)
世田谷パブリックシアター

 

1997年
「草迷宮」(原作:泉鏡花・脚本:岸田理生・演出:蜷川幸雄)
シアターコクーン

「昭和歌謡大全集」
(原作:村上龍・劇化:清水邦夫・演出:蜷川幸雄)
セゾン劇場

 

1996年
「夏の夜の夢」
(作:W.シェイクスピア・翻訳:松岡和子・演出:蜷川幸雄)
シアターコクーン

 

1993年
「血の婚礼」(作:清水邦夫・演出:蜷川幸雄)
ベニサンスタジオ

 

1990年
「NINAGAWAマクベス」
(作:W.シェイクスピア・翻訳:松岡和子・演出:蜷川幸雄)
ニューヨーク・カナダ公演

「ペールギュント」
(作:イプセン・翻訳:毛利三彌・演出:蜷川幸雄)
青山劇場

 

1989年
「盲導犬」(作:唐十朗・演出:蜷川幸雄)
日生劇場

「近松心中物語」(作:秋本松代・演出:蜷川幸雄)
ベルギー・オランダ公演

 

2017年
『関ヶ原』(監督:原田眞人)
『ユリゴコロ』(監督:熊澤尚人)

 

2016年
『ドクムシ』(監督:朝倉加葉子)

 

2014年
『猫侍』(監督:山口義高)

 

2013年
『人類資金』(監督:阪本順治)

 

2010年
「ばかもの」(監督:金子修介)
「BOX~袴田事件~」(監督:高橋伴明)
「OUTRAGE」(監督:北野武)
「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」(監督:東陽一)

 

2005年
「奇談」(監督:小松隆志)

 

2003年
「青の炎」(監督:蜷川幸雄)

 

2018年
TX「スモーキング」

 

2017年
NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』

 

2016年
CSヒストリーチャンネル『未来が生まれた時』世界に誇る大衆文化の仕掛人『ゲーム編』
NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』

 

2015年
NHKBSプレミアム 戦後70年 大型ドキュメンタリードラマ『玉音放送を作った男たち』(監督:佐藤善木)

 

2012年
WOWOW「ヒトリシズカ」(監督:平山秀幸)

 

2011年
NHK教育「高校講座」

 

2010年
NHK教育「高校講座」

 

1997年
CX「三番テーブルの客」(監督:蜷川幸雄)

 

2018年
「アサヒスーパードライ2018」

 

2017年
『イトーヨーカドー 2017年夏ギフト』『イトーヨーカドー 2017年冬ギフト』

 

2016年
『KIRIN一番搾り』



2011年
「三井住友銀行」

 

2010年
「マイナビ2010」(監督:行定勳)

 

2009年
「WAM」(監督:浜崎慎治)